【3】OKベースとNGベース

ワンちゃんに教える時どうしてますか?

最近は日本でも『褒めて教える』というのも聞くようになりましたが、悲しいかな『叱って教える』というのが主流になっているように思う


私がしつけについて思っていたことは、犬が好きで癒やされたくて飼っているのに

飼い主さんは

   ● 叱って嫌な気持ち

   ● 覚えなくてイライラしてさらに叱る

   ● 見ている人は不快

ワンちゃんは

   ● 叱られて不快

   ● 叱られないようにビクビク

   ● 怖がりになる

   ● 人間の顔色を伺うようになる

   ● 人間が嫌いになる

お互い良いことないのになんで叱るんだろう?と思っていました

たとえワンちゃんが言うこと聞くようになったとしても、それは叱られたくないから、嫌な事されたくないからです

それっていい子なんでしょうか?

私はそうは思えませんでした


叱って教えるのは『NGベース』になります

たとえばワンちゃんが吠えて騒いでいる時に『うるさい!』『静かに!』とか軽く叩いたり罰を与える

吠えるのをやめたら褒めるが、普段静かなときには褒めない

問題が起こってから対応することが多い


それに対して褒めて教えるのは『OKベース』になります

ワンちゃんが吠えず騒がずいい子にしている時に『いい子だね♪』と褒めてオヤツをあげる

吠えたら何もせずご褒美もあげない(これが罰になる)

静かになったら褒めてご褒美

そうするとワンちゃんは『おとなしくしているとご褒美がもらえる』と学習するので吠えなくなる


これは大雑把に書いた例ですが

   ● 叱られないように我慢する消極的な行動

   ● 褒められるようにがんばる積極的な行動

どちらが良いかはわかってもらえると思います


ずっとおやつが必要になるとか、おやつで釣っているという勘違いも多いです

ちゃんと教えればおやつは必要なくなっていきます

私の愛犬は合図でトリック(芸)をやるのが大好きで、目を輝かせてよろこんでやってくれますw

その様子はブログの方にアップしていこうと思います


飼い主さんと愛犬ともに楽しく暮らせるようにOKベースで教えてあげましょう♪

笑犬Dogcom

【わらいぬドッグコム】 千葉県で『愛犬しつけ方インストラクター』をしています 愛犬との日常やコミュニケーションについて綴っている気ままなブログです 愛犬も飼い主さんも、笑って日々を過ごせるお手伝いができたらうれしいです

0コメント

  • 1000 / 1000