【1】しつけって必要?

『愛犬しつけ方インストラクター』とは、ワンちゃんをトレーニングする(しつける)わけではありません

もちろん私がワンちゃんをしつけることはできます

しかしそれでは意味がないと私は思っています


たとえば困った行動をするワンちゃんを預かっていい子にしたとします

でも飼い主さんのところに戻ると、すぐ元に戻ってしまうことが多い

なぜならワンちゃんの行動は

飼い主さんの日々の対応から学んだ行動だから

飼い主さんの対応が変わらない限りワンちゃんは変わらないんです

だから私は

飼い主さんに『しつけ方』を教えています

つまり『飼い主さんトレーナー』ということですねww

やり方を覚えれば困った行動をなおすのではなく、困った行動にならないように対応できるはずです

私は愛犬を迎える前から勉強していたので、理想通りの関係を築けたと思っています


しつけは子犬の時じゃないと意味がないとか、もう年だからいまさらと言う飼い主さんがいます

それは間違いだと私は思います

確かに子犬のほうが覚えも早いですが、年配のワンちゃんでもちゃんと覚えてくれます

なによりしっかりコミュニケーションが取れるようになるのがいいんです


あえて、わかりやすいように『しつけ』という言葉を使っていますが、私は好きな言葉ではありません

トレーニングや訓練もですが、一方的に人がワンちゃんに教えるというように聞こえるから

大事なのは飼い主さんとワンちゃんの相互コミュニケーションです

ワンちゃんの気持ちを無視した、飼い主さんの一方的な押しつけではいけないと思っています

飼い主さん、愛犬ともに幸せに暮らせるようになるのが私の願いです


最後に『しつけって必要?』に回答するなら『しつけは必要です』とお答えします

ただし、しつけと言うより『コミュニケーションを学びましょう』ということです

アメリカの方とコミュニケーションとりたいなら英語を勉強しますよね?

それと同じで、言葉の通じないワンちゃんとのコミュニケーション方法を習うのは必要だと思います

ワンちゃんだけでなく、飼い主さんも学ぶことがとても大事だと覚えておいてください

笑犬Dogcom

【わらいぬドッグコム】 千葉県で『愛犬しつけ方インストラクター』をしています 愛犬との日常やコミュニケーションについて綴っている気ままなブログです 愛犬も飼い主さんも、笑って日々を過ごせるお手伝いができたらうれしいです

0コメント

  • 1000 / 1000